2015年03月17日

『スモウマン』

350_132262-1[1].gif
作者:中川 ひろたか(文) 長谷川 義史(絵)
出版社:講談社
絵本のツボと特徴・魅力
正義の味方が、悪い奴をやっつける単純なお話だがおもしろい。
ヒーローがまわし姿のおすもうさん。
絵も大胆豪快なタッチで、心が躍る。
その上、背景に、ストーリーとは関係のない仕掛けが満載である。
看板やチラシにダジャレや皮肉などが書かれていて、
これを探して読むのが、また楽しい。

この絵本のおすすめは つちや くによ

posted by 絵本コーチング事務局 at 14:27| Comment(0) | お気に入り絵本

『トラネコとクロネコ』


350_Ehon_103464[1].jpg
作者:宮西 達也
出版社:すずき出版
絵本のツボと特徴・魅力
2匹のネコは、お互いを比べ、勝ち負けにこだわるライバル同士。
比べて、比べて、競争して、競争する。
お互いに何とか勝とうとするやり取りが楽しい。
しかし、トラネコのけがをきっかけに、仲良くなる。
こうしたことは、私たちも、日常、たびたび出会う体験でもある。

この絵本のおすすめは つづき ひろこ

posted by 絵本コーチング事務局 at 14:26| Comment(0) | お気に入り絵本

『もりのねこ』

350_Ehon_66194[1].jpg
作者:工藤 有為子(文) あべ 弘士(絵)
出版社:小峰書店
絵本のツボと特徴・魅力
森に住む猫のキルシェ。森の猟師の小屋で寝て、
森の中で狩りをして生き抜いている。
見通しのきかない森の中、夜の中、
たくさんの生き物の音や気配に包まれているのが、絵と文で伝わってくる。
小屋に猟師が戻ると、キルシェも小屋に走っていき、冬の夜をお互いに温め合う。
外が冷たく暗い中、そこだけがより明るく暖かい。
音をあらわす言葉・活字・色が、音として気配として心に響いてくる。

この絵本のおすすめは たきもと みえこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 14:23| Comment(0) | お気に入り絵本