2015年07月29日

『たいせつなきみ』

たいせつなきみ.jpg
作者:マックス・ルケード(作) セルジオ・マルチネス(絵)
ホーバード豊子(訳)
出版社:フォレストブックス
絵本のツボと特徴・魅力:
自分らしい生き方、自分の思う生き方は自分が決めるんだって思った。
読み終わると目頭が熱くなって、温かい気持ちになった。

この絵本のおすすめは やまかわ なおこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:37| Comment(0) | お気に入り絵本

『お月さま たべちゃった?』

お月様食べちゃった?.jpg
作者:壇 晴子(文) 高瀬 のぶえ(絵)
出版社:あすなろ書房
絵本のツボと特徴・魅力:
思い込んでしまって悩んだことありませんか?
私、よくあります。
一人で抱え込んで、どんどん妄想が膨れ上がって。
何かのきっかけで、な〜んだ。
もう、くまくんを見ていて、かわいい悩み。
他から見ると笑っちゃうようなこと抱え込んで。。。
まるで自分を見ているようだった。

この絵本のおすすめは むらた あやみ
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:35| Comment(0) | お気に入り絵本

『ぼくだけのこと』

ぼくだけのこと.jpg
作:森 絵都
出版社:偕成社
絵本のツボと特徴・魅力:
自分のことってわかっているようでわかっていない。
「ぼくだけのこと」を発見します。
兄弟で一人だけえくぼができるうれしい僕だけのこと、
いろんな僕だけのことを見つけて嬉しかったり、
ちょっぴり残念だったり、
「自分だけ」って考えて自分をとても好きになれる絵本です。
いいなぁ、自分が自分で好きって素敵。

この絵本のおすすめは こじま ともこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:34| Comment(0) | お気に入り絵本

2015年07月10日

『さかさことばでうんどうかい』

350_Ehon_108352[1].jpg
作者:西村 敏雄
出版社:福音館書店
絵本のツボと特徴・魅力
上から読んでも、下から読んでも、同じ、逆さ言葉の文。
とにかくおもしろい!
よくこんなこと考えると、作者に脱帽。
1人で読んで、ニヤニヤ。
みんなで読んで、大笑い。

この絵本のおすすめは つちや くによ
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:41| Comment(0) | お気に入り絵本

『へなちょこ』

100_Ehon_88478[1].jpg
作者:くすのき しげのり
出版社:Gakken
絵本のツボと特徴・魅力
体育、運動が得意なともちゃん。
他のものでは誰にも負けないのに、縄跳びだけが苦手。
素直に、弱みを見せることができず、嘘をついてしまう。
でも、そんな自分が嫌いで、縄跳びを克服しようと努力する。
ほんまのへなちょこは、えらそうに言うだけで、努力せぇへん。
ともちゃんは頑張ってるから、へなちょことは違う、とあいちゃんに言ってもらえる。
最後のあとがきが、いつも私に「もっと頑張れ」と言ってくれるようだ。

この絵本のおすすめは やまざき みよこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:39| Comment(0) | お気に入り絵本

『ぎょうれつのできるパンやさん』

350_Ehon_13577[1].jpg
作者:ふくざわ ゆみこ
出版社:教育画劇
絵本のツボと特徴・魅力
絵から、パンのふわふわ感と、におい、あたたかさが伝わってくる絵本です。
動物たちは、お礼に、木の実や牛乳などを置いていきます。
すぐにその材料を使っておいしいパンを焼いてくれるパン屋のおじさんは、
すごく優しい人。
動物たちがお客さんを運んできてくれるのは、おじさんの人柄。

この絵本のおすすめは すぎやま ともこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:38| Comment(0) | お気に入り絵本

2015年07月03日

『わゴムはどのくらいのびるかしら?』

100_ehon3886[1].jpg
作者:マイク・サーラ―(文) ジュリー・ジョイナー(絵) きしだ えりこ(訳)
出版社:ほるぷ出版
絵本のツボと特徴・魅力
わゴムがどのくらい伸びるかって、伸ばしていくところ。
ドキドキドキドキしながら読んでいける。
いつ、パチーンとなるか、
パチーンとなったら痛いぞ、とか、
想像するだけでスリルがある。

この絵本のおすすめは つかもと ながれ
posted by 絵本コーチング事務局 at 14:03| Comment(0) | お気に入り絵本

『かみさまのめがね』

100_Ehon_81688[1].jpg
作者:市川 真由美(文) つちだ のぶこ(絵)
出版社:ブロンズ新社
絵本のツボと特徴・魅力
神様たちがメガネをかけると、見えない物が見えてくる。
五感を働かせて、感じることをやってきたから、
においの神様や、風の神様がメガネをかけ、
においや風を見て、感じている姿はとてもしっくりきた。
メガネをかけてみると、考えてみると、
また、感じられるものがぐっと増えるなと思いました。

この絵本のおすすめは すぎやま ともこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 14:01| Comment(0) | お気に入り絵本

『ひみつのカレーライス』

100_Ehon_27885[1].gif
作者:井上 荒野(文) 田中 清代(絵)
出版社:アリス館
絵本のツボと特徴・魅力
フミオはカレーライスが大好き。
ある日食べたカレーの中に不思議な種が入っていた。
調べてみると、何とカレーのなる木。
おまじないや、風よけ、猫や犬にも注意して育てていくと、
とてもおいしいカレーライスが出来ます。
ちょっとドラえもんに出てくる秘密道具に似てる気もしますが。
お腹がグウとなる一冊です。

この絵本のおすすめは やまざき みよこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 14:00| Comment(0) | お気に入り絵本