2015年10月23日

『はやくはやくっていわないで』

はやくはやくっていわないで.jpg
作者:益田 ミリ(作) 平澤 一平(絵)
出版社:ミシマ社
絵本のツボと特徴・魅力:
どれだけ「早く、早く」って言っているだろう。
自分が言われると、動けなくなって、
早くしようと思っても、早く動けなくなってしまう。
「待つこと」「そのままでいいんだよ」とメッセージすることができれば、
自分らしいペースで動ける。
一人一人のペースを大切に、自分らしいペースで動けたらいいかも。

この絵本のおすすめは やまかわ なおこ

posted by 絵本コーチング事務局 at 09:55| Comment(0) | お気に入り絵本

『ぞうさんのおとしあな』

ぞうさんのおとしあな.jpg
作者:高畠 純
出版社:ポプラ社
絵本のツボと特徴・魅力:
ぞうさんがほんとうにしたかったのは〜何?いたずら?
最後のページで、これがやりたかったんじゃない?と思った。
人と関わりたくて、いたずら。
それでなくても、みんなで楽しく遊べるのが嬉しい。
いたずらという行動の後ろに、本当にやりたいことが隠れている。
いたずらが成功しなくても、その本当にやりたいことが達成される。
少し立ち止まって、自分のやりたいことについて考えた絵本です。

この絵本のおすすめは むらた あやみ
posted by 絵本コーチング事務局 at 09:53| Comment(0) | お気に入り絵本

『あるはれたひに』

あるはれたひに.gif
作者:きむら ゆういち
出版社:講談社
絵本のツボと特徴・魅力:
「あらしのよるに」のその後・・・。
さて、どうなったでしょうか?と、結果が気になって買った。
ここからが始まりなのかな?と思った。
「あらしのよるに」から、お互いの正体がわかった。
そして、本音と心の中の本音。
じっくり読むとコミュニケーション?という言葉が浮かんできた。
「この先どうなるの?」と、また期待をもってしまうエンディングが、
きっとシリーズになった面白さだと思う。

この絵本のおすすめは やすだ みさき
posted by 絵本コーチング事務局 at 09:45| Comment(0) | お気に入り絵本

2015年10月14日

『いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー』

いつもちこくのおとこのこ.jpg
作者:ジョン・バーニンガム(作) 谷川 俊太郎(訳)
出版社:あかね書房
絵本のツボと特徴・魅力:
物語の結末は笑えるけれど、ブラックユーモアの味がする。
長い名前の主人公は、大物なのか、鈍感だけなのか、
常識など気にしないのか、それとも「いつも通り」にこだわっているのか、
よくわからない不思議な男の子。
どんな時にも冷静で、目的達成のために、静かにただやり続ける。
それだけのことなのに、伝わってくるものにゾクゾクする。

この絵本のおすすめは つちや くによ
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:44| Comment(0) | お気に入り絵本

『だってだってのおばあさん』

だってだってのおばあさん.jpg
作者:佐野 洋子
出版社:フレーベル館
絵本のツボと特徴・魅力:
本の題を見ると、とても後ろ向きなおばあさんおお話のように思えるが、とんでもない!
とても前向きなおばあさんのお話です。
5歳の男の猫ちゃんと野原へ行きます。
そこで、川を飛び越える場面があります。
籠を抱え、帽子を飛ばして川を飛び越すおばあさん。素敵!
この場面がいつも私に勇気をくれるのです。
おばあさんが焼いたケーキの匂いが懐かしく思われるような、愛おしい本です。

この絵本のおすすめは つづき ひろこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:41| Comment(0) | お気に入り絵本

『ないしょのおともだち』

ないしょのおともだち.jpg
作者:ビバリー・ドノフリオ
出版社:ほるぷ出版
絵本のツボと特徴・魅力:
ナチュラルな木の香りのする雑貨屋さんにありそうな絵本だった。
開いてみると、いかにも外国のお話、というイメージがした。
大人女子も、絵本を味わえそうな絵とストーリー。
乙女心が刺激されそう。
でも、どこかセンチかな。。。
一人、ぼーっとページをめくりたくなる。

この絵本のおすすめは やすだ みさき
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:38| Comment(0) | お気に入り絵本

2015年10月09日

『おくりものはナンニモナイ』

おくりものはなんにもない.jpg
作者:パトリック・マクドネル
出版社:あすなろ書房
絵本のツボと特徴・魅力:
なんでも持っている友達を喜ばせるおくりもの。
それはナンニモナイ。
ナンニモナイをプレゼントした後、二人がとった行動とは・・・!

この絵本のおすすめは すずき まいこ

posted by 絵本コーチング事務局 at 13:52| Comment(0) | お気に入り絵本

『でんでんむしのかなしみ』

でんでんむしのかなしみ.jpg
作者:新美 南吉 鈴木 靖将(絵)
出版社:新樹社
絵本のツボと特徴・魅力:
自分が背負っている殻の中に、
悲しみがいっぱい詰まっていることに気づいたでんでんむしは、
本当にびっくりしたようです。
しかし、どのでんでんむしも、
殻の中に様々な悲しみを持っていることを知ったでんでんむしが、
「嘆くのをやめた」ところで終わります。
これは、諦めであるように見えますが、そうではない。
受け止めて、また歩き始めたということだと思います。

この絵本のおすすめは つづき ひろこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:49| Comment(0) | お気に入り絵本

2015年10月07日

『あるはれたひに』

あるはれたひに.gif
作者:きむら ゆういち
出版社:講談社
絵本のツボと特徴・魅力:
「あらしのよるに」のその後・・・。
さて、どうなったでしょうか?と、結果が気になって買った。
ここからが始まりなのかな?と思った。
「あらしのよるに」から、お互いの正体がわかった。
そして、本音と心の中の本音。
じっくり読むとコミュニケーション?という言葉が浮かんできた。
「この先どうなるの?」と、また期待をもってしまうエンディングが、
きっとシリーズになった面白さだと思う。

この絵本のおすすめは やすだ みさき
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:55| Comment(0) | お気に入り絵本