2017年11月13日

『からすのパンやさん』

作者:加古 里子
からすのぱんやさん.jpg
出版社:偕成社
絵本のツボと特徴・魅力:
絵本の場面にハラハラドキドキする。
誰も悪くないのに、とんでもない騒ぎになっていくことに、
ドキドキざわざわと落ち着かなくなった。
時を経て読んだら、あれぇ〜大騒ぎしてもざわざわしない自分を発見。
器が大きくなったのかな?
カラスが大騒ぎを整理しておさめて、めでたしになる過程を何度も見て、
大騒ぎもなんとかなる。そこをブレークスルーにする。
絵本で体験を重ねたようだ。

この絵本のおすすめは むらた あやみ
posted by 絵本コーチング事務局 at 10:59| Comment(0) | お気に入り絵本

『からすたろう』

からすたろう.jpg
作者:八富 太郎(文・絵)
出版社:偕成社
絵本のツボと特徴・魅力:
なんだか分からないが、深く感じてしまった。
舞台は、昭和初期頃と思われる山間の林の小学校。
絵は、綺麗とは言いかねる黒色の線が目立つが、それが物語とよく合う。
つい引き込まれた。
人から見れば辛い環境と自分の世界を築いて過ごし、
後に、その世界が認められた少年の物語に、
悲しさ、居心地悪さ、懐かしさと温かさを感じる。

この絵本のおすすめは つちや くによ
posted by 絵本コーチング事務局 at 10:55| Comment(0) | お気に入り絵本

『いやはや』

いやはや.jpg
作者:メアリー=ルイーズ・ゲイ(作) 江國 香織(訳)
出版社:光村教育図書
絵本のツボと特徴・魅力:
人もねこも、みんな個性があって、できることやできないことがそれぞれ違う。
みんな一緒でないといけないとか、一緒で当たり前との
パラダイムを打ち壊してくれる。

この絵本のおすすめは すずき まいこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 10:52| Comment(0) | お気に入り絵本