2016年07月01日

『ながいながいへびのはなし』

ながいながいへびのはなし.jpg
作者:風木 一人(文) 高畠 純(絵)
出版社:小峰書店
絵本のツボと特徴・魅力:
長いヘビの頭と尻尾が、お互いに相手のことが心配になって会いに行き、
お互いに元気なのを喜ぶという、実にシンプルな話だ。
頭と尻尾が、まずお互いに相手を思い出し、次第に会いたくなり行動にうつす。
その時々の言葉が、すでにお互いに通じ合い、響き合っている。
気持ちが少しずつ盛り上がっていく。
そして出会う「元気でよかった」と。
単純な言葉と単純なスッキリした線(絵)が力強く交錯する。
お互いの喜びがストレートに伝わってきた感じがする。

この絵本のおすすめは たきもと みえこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 10:08| Comment(0) | お気に入り絵本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。