2017年06月06日

トゲトゲぼうや

トゲトゲぼうや.jpg
作者:今村 葦子(作) 西村 繁男(絵)
出版社:金の星社
絵本のツボと特徴・魅力:
心の声に従う。
その一点で、ハリネズミの子は友達を探しに出かけた。
両親は「トゲはみんなが嫌がる。だから、みんな遊んでくれなくてがっかりする」と言う。
パラダイムに縛られていた。
もし、トゲトゲぼうやもそのパラダイムに縛られていたら、
みんなが遊んでくれない時点で、きっと諦めて終わってしまったと思う。
しかし、彼はトゲトゲを使って友達を救い、
みんなもハリネズミが好きになったので、トゲがあって遊べない、から、
トゲがあって遊べる遊びを考えた。
遊べない・・・から、遊ぶ側から考えることで、
トゲは越せない障害ではなくなったのが心に残った。

この絵本のおすすめは たきもと みえこ
posted by 絵本コーチング事務局 at 13:03| Comment(0) | お気に入り絵本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。