2017年11月13日

『からすたろう』

からすたろう.jpg
作者:八富 太郎(文・絵)
出版社:偕成社
絵本のツボと特徴・魅力:
なんだか分からないが、深く感じてしまった。
舞台は、昭和初期頃と思われる山間の林の小学校。
絵は、綺麗とは言いかねる黒色の線が目立つが、それが物語とよく合う。
つい引き込まれた。
人から見れば辛い環境と自分の世界を築いて過ごし、
後に、その世界が認められた少年の物語に、
悲しさ、居心地悪さ、懐かしさと温かさを感じる。

この絵本のおすすめは つちや くによ
posted by 絵本コーチング事務局 at 10:55| Comment(0) | お気に入り絵本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。